こんにちは!Webデザイナーの齋藤静香です。

こんにちは!Web(だけじゃない)デザイナーの齋藤静香です。

専門学校を卒業してから11年、ネット通販の会社を主に渡り歩いてきました。
ページのデザインだけじゃなく、商品撮影・キャッチコピーを作成する・ショップ運営・問い合わせ対応・梱包まで一通りできる子です。

ネット通販の世界を生きていた私が、一体どんなことがあって”WEB制作会社” プリズムゲート株式会社の一員となったのか?
そして、プリズムゲートで今、どんなことをしているのか?
というお話を、自己紹介を交えながら、お話しようと思います!

いままで、こんなことしてきました

絵に興味をもった幼少期、インターネットに出会った10代

物心ついたころから、「お絵かき」はつねに私のそばにありました。
そのほか、読書にゲームなど、インドアな趣味をもつ子供でした。

そんなわたしが、インドア趣味ランキングナンバーワン「インターネット」にハマったのは高校のころです。

学校においてあったパソコンで、好きな小説のファンサイトを見ました。そこには掲示板があって、自分の意見が世の中に公開されることにおどろきました。
雑誌の投稿は、選ばれなければ掲載されませんが、インターネットの掲示板は、誰もが書き込め、誰もが読めます。
自分の意見を発信できるということの魅力にとりつかれたわたしが、自分のホームページを持つのにそう時間は必要ありませんでした。

(でも、自分のパソコンをもっていなかったので、学校のパソコンで全部つくりました)

10代から20代のころは、今よりも行き当たりばったりな性格で、興味のおもむくままいろんなことに手を出していました。
ですので、ホームページ作りは趣味の域を超えることはなく、高校を卒業してから4年、TV局でのアルバイトにせいを出したり、思い立って急にイラストの専門学校へ行きはじめたりしました。

ネット通販ひとすじ!そこから気づいた「得意なこと」

イラストの専門学校を卒業してから、はじめて就職したのは、とあるネット通販の会社。キムチを販売していました。その次は、アパレル系。またその次は、インテリア系と、ジャンルは様々ながらすべてネット通販の会社でした。

画像を撮影して加工したり、チラシやショップカードを作ったりと、デザイン系の技術を少しずつ覚えてゆく一方で、仕事を通して「得意なこと」があることに気づきました。

それは、知らないことを知って、好きになることでした。
全く知識のないところから、商品を知って大好きになる。

さいとう

大好きになったものを、お客様にすすめるの、めちゃくちゃたのしい!!

そんなやりがいを感じていました。

退職、自信喪失。一念発起の体型改善も、驚きの事実。

転機は突然訪れます。
とある業界で働き始めた私でしたが、すぐに体調を崩してしまいました。診断は「うつ病」。退職を余儀なくされてしまいました。

体調はよくなったものの、自分がまた同じ失敗をおかしてしまうのが怖く、家族の助けを得ながら、在宅でできるお仕事を選んで暮らしていました。

少しずつ、時間や心に余裕ができて、私はふと、自分を変えてみようと思いはじめました。

当時の私は、体型的には高度肥満(とっても大きいということです)。健康的には主だった症状は出ていませんでしたが、これからのことを考えてダイエットをすることにしました。

当時流行していた炭水化物ぬきダイエットで、するすると体重が減り、なんと!77キロから47キロへ、マイナス30kgの減量という結果が出ました。

ですが、標準体重到達記念に高精度体組成計測マシンで体脂肪率をはかったところ、自分の目を疑いました。

「体脂肪率:40%」

なんとわたしは、からだの4割が脂肪という驚異的な割合のまま体重だけ軽くなってしまったのです!

健康になりたくてはじめたダイエットだったけれど、さすがにこのままでは健康的にも良くないはず。
いわゆる隠れ肥満の状態を解消するプロジェクトを開始しました。

体と一緒に変わった心

炭水化物を抜くという偏った食事をやめ、バランスよく食べることを心がけ、重い腰を上げて筋力トレーニングをはじめました。

やってみて、失敗し、考え直して…というサイクルの中で、自分の中に「問題解決のやり方」というノウハウが蓄積されていくのを感じました。

気になる隠れ肥満解消プロジェクトの結果は?と言いますと、食事×運動の効果はめざましく、2年という時間をかけながらも、ネックだった体脂肪率は22−25%という数字に落ち着きました。

変わらない笑顔をご覧ください

また、運動効果なのか、食事だけの時にはなかった「内面の変化」も訪れました。

さまざまな問題解決のサイクルを乗り越えた結果、自分(問題)ととことん向き合う勇気がついて、いつしか超絶ネガティブから超絶ポジティブへ。
「中身のほうが外見よりよっぽど変わった」と家族に言われるほどの変化です。

いつしか「同じ失敗をおかすのが怖い」という気持ちが消え去り、自然と「もう一度、社会に出たい」という気持ちが湧き出ました。

自分と向き合うのが怖くなくなっていた私は、「自分はどんな人間か?」「自分にはなにができるのか?」「自分がこれから何をしていきたいか?」ということをじっくり考えることができるようになっていました。

ネット通販を通じて知った「知らないことを知って、好きになること」
自分の体型改善を通じて知った「問題解決の楽しさ」
インターネットに触れて知った「誰もが見て、誰もが発信できるホームページの魅力」

そんな折に見かけたプリズムゲートの求人情報で、こんな一文がありました。

プリズムくん

つくって終わりではなく、なんでも相談にのる、心あるWeb制作会社

「さまざまなお客様」の「どうしよう?」や「こうしたい!」に寄り添い、「Web制作をはじめとするさまざまな方法」でお応えすること。
自分がしていきたかったことに、ぴったりハマったような、まるで自分の人生の伏線が一気に回収されたような気持ちになりました(笑)

実務経験はなかったのでほとんど熱意だけで応募、そして入社をしました。

いま、こんなことしてます。これから、こんなことします。

今の私は、ホームページのデザインだけでなく、お客様の名刺、パンフレット、お店のロゴやDM制作など、本当に色々と経験させてもらっています。

お客様の気持ち。そして、お客様のお客様の気持ち。色々なことを想像しながら、日々「想いを形にする」ことに没頭しています。

自分のこれからについて考えると、いつもニヤニヤしてしまいます。
やりたいことがたくさんあるし、やればできる自信があるので、まるで目の前にどれでも食べていいご馳走が並んでいる気分です。また食べ過ぎてしまう

ホームページのデザイン、プログラミングやディレクションはもちろん、お客様の役に立てることや自分を成長させてくれる知識や体験ならばなんでも、挑戦して獲得していきたいと思っています。(ちなみに、いまは簿記の勉強をしています。2020年11月の試験は申し込み合戦に敗れました。)

ぜひ、さまざまなお話を私に聞かせてください。
そして、「どうしたらいいんだろう」や「こうしたい」の、お手伝いをさせてください。

| 会社案内へもどる |