最新SEO対策のトレンドキーワードは、ズバリ「ユーザー体験」!

 

みなさん、こんにちは。小川です。
若葉が目に眩しい季節。

この週末はもう夏日になるのだとか。もうすぐに暑い夏が巡ってきますね。

 

さて、先日、最新SEO対策のレクチャーを受ける機会がありました。

 

最近のSEOトレンドになるキーワードは「ユーザー体験」だとか。

「UX(User Experience ・ユーザーエクスペリエンス)」と表現されることもありますが、
つまり、「ユーザーの使い勝手が良いサイト」が、検索順位で上位に表示されるのだそうです。

 

そのためのポイントは、
「スマホユーザー対応する」

「表示速度を早める」

「画像で訴求」

の3つ。

 

わかりやすい例として、

訪問者が「もっと見たい・知りたい」と、他のページをどんどん見てしまうような、

ニーズを引き出すサイトが理想的。

 

そうそう、スマホで見ている時、ありますよね。
「ネットサーフィン」なんていう死語を思い出しましたが、

どんどん次の記事を読みたくなり、「あれっ?結局何を探していたかったんだっけ?」

(単に物忘れが増えただけ・・・?)

 

そうゆうサイトは、リズム良く見ることが出来る3つのポイントを押さえていますね。

 

皆さんが運営しているWebサイトは、
□ スマホユーザーが使いやすいか
□ 表示速度は遅くないか
□ 文字ばかりでなく、画像もあるか
を、チェックしてみてください。

 

 

最近のSEO対策トレンドをもっとお知りになりたい方は、

 

4月11日に開催された第15回会員セミナー「100年先でも使える!?正統派SEO対策」

セミナーレポートを大公開しましたので、こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

| ニュース&ブログ一覧へもどる |