『鍵マーク』がないサイトは「危険なサイト」!?

こんにちは!プリズムゲートの石井です。

さて、いきなり本題に入りますね。

お客様の個人情報が見られてしまった!
自分のクレジットカード情報が盗まれた!

こんなトラブルを経験された方はいませんか?

私は、「SSL化」されていないサイトで個人情報の入力は絶対しません。

なぜなら、危険がいっぱい潜んでいるから。。。

そこで、そんな危険を回避する技術があることをプリズムゲートにきて知りました。


「SSL化」です。

検索すると、ホームページのデータを暗号化してやりとりする技術のこと。

例えば、お問い合わせのページで、住所氏名を入力。

「SSL化(暗号化)」されていると

「関内」→「im8es25gwc」
「石井」→「N3p7Y6s」の表記。

これなら、通信が盗み見されても、石井がどこに住んでいるのか分かりませんね。

そうなんです!

ホームページのSSL化で防げるメリットとは。


  •  リスクを防ぐことが出来る

(データのやり取りを盗み見されることを防ぐ。
 例えば、ID・パスワードの情報も暗号化されていて盗むことが出来ない)
  

  •  安心感を与えられる

(SSLを導入すると、ブラウザ上に【鍵のマーク】が付き、
 安全なサイトとユーザーに認識してもらえる!)
 
 そして、

  • 『鍵のマーク』がないサイトは「危険なサイト」と認識されることになる。

芝田は以前から「だから訪問客はSSLの有無を結構気にかけているの。」と話しています。

さて、ここまで読んでくださった方。
ホームページをお持ちの方、当社でもSSL化の対応をしておりますので、ぜひご相談くださいね。

| ニュース&ブログ一覧へもどる |