【2021年10月〜】補助金でホームページ制作できるイチバン簡単な情報

ホームページをリニューアルしたい、でも、費用が。。。
そんな時、「ホームページ制作で補助金が出る!」そんな魅力的なことはないですよね。

世の中には、「ホームページ制作で補助金が出ます」と宣伝している業者もいます。
ですが、実は、国や自治体はそんな目的で補助金を出すのではありません。

本当の目的は、補助金で売上・利益をあげて、今よりも税金を納めてもらうということ。
そのために、補助金を出して、人や会社に事業での成果を出してもらいたいのです。

ホームページ補助金

ただし、取り組む事業で成果を出すために、ホームページ制作することが必要と認められれば、補助金申請が採択されて、ホームページ制作費用も国や自治体から補助金としてお金がもらえます。

現に当社でも、真面目に補助金を申請して、ホームページ制作を行った士業事務所や会社がたくさんあります。

その経験から、ここでは、補助金申請のポイントと、ホームページ制作費用も補助される補助金をカンタンに紹介します。

補助金採択のためのポイントは、補助金の目的に沿うこと!

各補助金には、それぞれの目的があります。

「コロナで落ち込んだ業績を挽回させる」
「新規顧客を得る」
「今まで取り組んでいなかった新しい事業に取り組む」
「ITシステムを使って効率化して、雇用を増やす」など。

補助金が採択されるには、その目的に沿った事業計画が必要です。

補助金申請の前には、「ホームページを制作する」ことだけに捉われず、その目的をきちんと把握しましょう!

ゴール目的

ホームページ制作のために補助金は出ない!?

冒頭でお伝えしたとおり、ホームページ制作を目的にした補助金は、ほぼありません。
事業計画に「ホームページ制作のため」と単に書いただけでは、無理です。ホームページは単なるツールなのです。

「将来、どんな事業をして、伸ばしていくのか?」とを具体的にイメージした上で、「そのためにホームページがどうしても必要!」という事業計画書にする必要があります。

補助金の目的をしっかり把握した上で、事業計画を立てること。
それがあなたの事業にもすごく大事なのです!

事業計画

ただし、Web販促コンサルタントの自分をしては、どんな事業でも、ホームページを作ることはほとんどの場合、本当に大切だと思ってます。今の時代、ホームページがまず見られて、入口や受け皿になったりしますので。

例えば、ネット広告を出しても、そのリンク先はホームページ。
たとえ紙媒体の広告を出しても、手元のスマホでホームページがまず見られる世の中ですから。。。

ホームページ制作もできる補助金一覧

※下記情報は、変更される場合があります。必ず、各補助金のホームページでご確認ください!

小規模事業者継続化補助金

小規模事業者の地道な販路開拓などの取り組みや、業務効率を支援することを目的とした補助金です。商工会議所が窓口です。
販売促進費、広告宣伝費が補助されますので、この補助金がホームページ制作が一番出やすいと感じています。

・対象

小規模事業者
商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く):常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他:常時使用する従業員の数 20人以下

・補助額

補助率 2/3
1)一般型:補助金額(上限)50万円
2)特定創業支援等:+50万円

・申請締切日

第6回受付締切 2021年10月1日(金)
第7回受付締切 2022年2月4日(金)
第8回受付締切以降 未定(今後、発表)

・補助金案内URL

https://r1.jizokukahojokin.info/

<低感染リスク型ビジネス枠>小規模事業者持続化補助金

小規模事業者のポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に取り組み、感染拡大防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行う事業を支援する補助金です。

・対象

小規模事業者
商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く):常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他:常時使用する従業員の数 20人以下

・補助額

補助率 3/4
補助上限額 :100万円

・申請締切日

第4回受付締切分 2021年11月10日(水)17時
第5回受付締切分 2022年 1月12日(水)17時

・補助金案内URL

https://www.jizokuka-post-corona.jp/

事業再構築補助金

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するための「思い切った」事業再構築を支援することを目的とした補助金です。
この補助金は、認定支援機関(税理士、銀行、中小企業診断士など)の援助が必要です。

・対象

中小企業者等、中堅企業等

・補助額

【通常枠】補助率2/3
従業員数20人以下:100万円~4,000万円
従業員数21~50人:100万円~6,000万円
従業員数51人以上:100万円~8,000万円

その他、大規模賃金引上枠、卒業枠、緊急事態宣言特別枠などがあり、それぞれの補助額が違います。

・申請締切日

第3回公募 2021年9月21日(火)18:00
今後2回程度の公募あり。下記のWebサイトにて告知になります。

・補助金案内URL

https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

参考にどうぞ!

当社の芝田と、資金調達コンサルタント吉田学先生とで、YouTube「がんばれ!経営者チャンネル」を運営しておりまして、その中に補助金の情報を随時公開しております!

補助金申請時の事業計画のポイントもお伝えしたり、各種補助金の詳しい解説もしています。
ぜひチャンネル登録をして、チェックしてみてください。

| ニュース&ブログ一覧へもどる |