ホームページから理想のお客様をゲットするには?

こんにちは。芝田です。

このところは、朝晩に秋を感じられるようになってきました。

しかし!日中の暑さは、、、まだまだツライものがありますねー。とほほ。

さて、今回のお題は「ホームページから理想のお客様をゲットするには?」です。

 

もう結論から先に言ってしまいます!

 

「当社の理想のお客様は、こんな人ですよー!」

 

と、書いておけば良いだけです。

 

簡単ですね(ニコニコ)

 

え?簡単じゃない??

 

と、思われる方は、次を読んで下さい。

 

 

そもそも、ターゲットを決めていないことが多い!

ホームページから集客するためには、理想のお客様=ターゲットを決めていないといけないのです。

 

が、、、

 

実は、このターゲットを「ちゃんと決めていない方が多い!」というのが、Web制作に携わっていて日々感じることです。

 

「こんな会社で、あーでこーで。あ、でも、こんな人も大丈夫!でもあんまりターゲットを絞ると、お客さん誰も来なくなっちゃうんじゃないかな?」

 

→ 結局、お客さんなら誰でも欲しい!売上にしなきゃ!!

 

誰がお客様でもいいから、売上につなげたい…そのお気持ちは痛いほど、よく、わかります。

私も経営者ですから。

 

だがしかし!!

ここは勇気を持って、、、

 

自分の欲しいお客様=「ターゲットを絞る」ことを、強く、お勧めします。

 

振り返る「みんな振り向いてくださいー!」と声を枯らして呼んでも、誰も来ませんが、

「そこのショートカットのお姉さん!」と呼びかけると、振り向く可能性がかなり上がるからです。

 

ちなみに、私は振り向きます。

隣にもっと20代のショートカットのお姉さんがいても。…実質、オバサンのくせに(笑)

 

と、このようにターゲットを明確すると、実は周囲の人も振り向く可能性もある!ということです。

 

だから勇気をもって、ご自分の理想のお客様を決めて、ホームページに書いてください!

 

 

ターゲットって決まらない…そんな時はこの方法を!

商品ターゲットとして、中小企業、30代以上の男性、年頃の女性、、、などなど人の属性で決めて、訳が分からなくなるパターンが多いです。

 

これって、一昔前のマスマーケティングのターゲットの決め方なんですよね。

 

一般の中小企業がやっても、無理な話。

結局、そんな大多数を相手に商売するわけではないので(汗)

 

今では、大企業のターゲッティングは、ペルソナを使ってます。

ペルソナとは、ターゲットさんの名前を決めて、何歳、どんな趣味、生活、性格、などなど1人の人物像をつくるというものです。

 

ペルソナを作るのも有効です。

 

しかし、これって人の観察力や創造力が必要で、すぐできる人とできない人がいます。

 

困っている人悩み過ぎも身体に悪いので、ターゲットに悩んだときは、この方法をお勧めいたします!

 

「○○に悩んでいる人」

 

自分が解決できる「○○」=問題 を定義してください。

 

仕事って、お客様の問題解決ですよね?

超基本に立ち返ってみるのが、一番良い方法。

 

しかも、問題解決を提示すれば、お客様へのメリット提示にもなるという、、、まさに一石二鳥!!

 

オススメでございます。ぜひやってみてくださいませ。

 

 

とは言ってもね。ホームページの掲載内容ってコツがあるんでしょ?

まあ、そりゃホームページに限らず、メディアごとに抑えておくべきコツは、あります。

※ちなみにホームページがいまいちわからん!という方は、「世界一やさしい解説!ホームページって、どんなもの?」をご覧ください。

ホームページ制作時に、お客様ごとに必要なところを説明しておりましたが、、、

ホームページに悩む方にはぜひ知っておいて欲しい!、そして、理想のお客様をゲットしてほしい!という想いで、セミナーをすることにしました。

 

私のWeb業界歴21年の経験(←この業界では、森のオババ?)からの内容を、わかりやすくお伝え致します!

 

9/14は、まだ3人余裕がありますので、もう一歩ホームページ運営で進まれたい方は、ぜひ聞きにきてください。頭の中の霧が晴れますよ。

 

士業さん向けですが、他の業種でも参加OKです。

気になる方は、どうぞ〜

 

 

| ニュース&ブログ一覧へもどる |