眠くなるプレゼン・セミナーの原因は?

寝ている犬

こんにちは。芝田です。

 

春らしく、あたたかくなったと思ったら、冷える日もあり、、、それにしても、暖かくなるのが年々早くなるようです。

やはり地球は温暖化しているのか?!とドキドキしますね。

 

さて今回は、眠くなるプレゼン・セミナーについて。

 

実は、大人数の参加者なのに、タイトルが気になるネタだったのに、
非常に眠たいセミナーに出ることがありました。

 

「つまらない、下手なセミナーだなぁ!」

と、居眠りして過ごすのは、時間の無駄なので、、、

 

その原因を分析してみました。…分析なんて、ちょっと大げさですが(笑)

 

 

眠くなるプレゼン・セミナーの原因

画面資料の文字が多い

画面の文字がびっしり=文字が小さいので、読むのを諦める…眠くなる

 

図が細かい

文字も小さいし、細かい矢印がたくさんあるし、判別できない!もはや図にしている意味がわからない!…眠くなる

 

平坦に、早口で話す

どこをメモればいいのかわからない…眠くなる

 

専門用語やカタカナ文字が多い

意味がハッキリわからない。本人もわかって使ってない場合が多く、説明もよくわからない…眠くなる

 

本題以外の情報が多い

何を集中して聞けば良いのかわからなくなる…眠くなる

 

会場が薄暗い、暖かい

プロジェクタの照度が高い良いものを使えば、明るくても見えるのに〜と思いつつ、ポカポカあたたかいと…もはや本能的に眠くなる

 

自分が睡眠不足

「セミナーが面白ければ、寝ないんだけどねぇ〜」と人のせいにしつつ…眠くなる

 

 

眠くならないプレゼン・セミナーとは?

セミナー賢明な皆様なら、もうお分かりですね?

 

前述の正反対のことをすれば、あなたのプレゼンは、必ず、人の関心を引くことができます!

 

 

最後に。

 

人に何か伝える時には、
些細な上司への報告、お客様への質問であれ、

「相手の気持ちを考える」ここが一番重要ですね(^^)

 

今回のセミナーを反面教師にして、自分のプレゼンやセミナーも楽しく(←ココ重要!)わかりやすいものへ、日々改善していきます!

 

★ちなみに、直近はこちら!「士業のためのWeb集客セミナー」です。気になっている方は、ぜひ聞きにきてくださいね! 

 

 

| ニュース&ブログ一覧へもどる |