ネット広告のやり方は、トライアンドエラーがおススメ。

カエルこんにちは、芝田です。とうとう梅雨に入りますね〜。

 

私は天然パーマ(強力なくせっ毛)なので、この季節は恨めしいです。
冬に比べて髪の毛の体積が1.5倍(当社比?)になる、さらに、自由気ままな方向へ向く、

結果、頭が…顔がデカく見えるという悪循環(悲)

 

まあもともと顔がデカいのは否定しませんが、ちゃんと受け入れて、強く生きていこうと思います!(というわけで、髪を切りに行きます)

 

さて、今回はネット広告のお話です。

 

当社では、販促の1つとして、自社やお客様のネット広告もしたりもするのですが、

リスティング広告、Facebook広告、インスタ広告をいくつか扱ってみての、ちょっとしたヒントをまとめてみます。

 

 

広告の種類を選ぶ基準

パチンコそれは当然ですが、その広告媒体を見る人がターゲットに入っているかどうか。

 

お目当ての魚のいない海域に、撒き餌をしても魚はこないのと同じように、

広告を出稿するときに、その媒体を見る層にターゲットがいるかどうか?を判断することが必要です。

 

まあごく当然なのですが、
「ネット広告をいれる!」という行為だけで舞い上がって、広告代理店の言うがままに、ターゲットがいない媒体にいれてしまっているのも見かけますので(ー ー;)

 

ネット広告で浮かれないようにして下さい。

残念ながら、初回からうまくいく人はほとんどいません。

 

私は、ネット広告は、パチンコみたい…と思ったりしてます。

お金がどんどん吸い込まれる雰囲気が似てたりする(^_^;)

 

最初は低額でテスト。

テストはじめは低額でテストを行ってみて、反応が出るパターンを見つけたら、広告費を増額してみるのがお勧めです。

 

その媒体にターゲットがいても、
広告自体の出来で、まったく反応がない場合があります。

 

ですので、最初は少額で反応が来るか広告をテストして、反応なかったら
広告やターゲット設定を変えて、、、

 

反応が出るまで、トライアンドエラー。

 

反応が出始めたら、広告費を増やす!

 

この順序をオススメします。

 

よくはじめにドカンと入れて反応を見る方もいますが、、、これ、あまり効果的でないと私は考えてます。

 

最近の消費者は賢いです。

「これ美味しーよー、いいよー」

という従来の広告は、ネットでは反応が薄いです。

 

もっとターゲットの感情に共感する「あ、そうそう。これが欲しかったんだ」という気づかせるようなものにすることが必要です。

 

今までと違って、広告もホームページと同じように「少しずつ広告を育てる」という概念が、ネット広告では必要です。

 

と、最近認識しました。
…いろいろ失敗した経験から(^◇^;)

 

 

広告より効果が出やすい方法がある

検索する実際は、広告より自然検索の方が、お客様になる確率は格段に高いです。

 

ですから、SEO対策は必須です。

 

でも、この数あるWebサイトの中から自社サイトの検索順位を上げるのも、根性と時間が必要です。

 

だから自然検索をって継続的に努力しつつ、それまでネット広告…というのが有効な手段かな?と思ってます。

 

 

検索順位を上げる方法は、こちらの記事をどうぞ!

検索サイトで上位表示させる方法:ITオンチでもわかるSEO対策

SE0対策!タイトルに地名は必須?

残念!揃ったタイトルほど、役に立たない

SEO対策:業者まかせでは上手くいくほど、甘くない!

シークレットモードとは?実はSEO対策にも便利です

ホームページ表示速度が検索順位に影響する!どうすれば?

ホームページ業者は、SEO対策してくれる?

 

 

 

セミナーのお知らせ

セミナーに参加されたお客様の声をご紹介!

ホームページから集客できていないことが悩みで、「ホームページが9割」の書籍を読みました。
ホームページを見直したい気持ちで参加してみて、ホームページでの集客の要点が分かりました。頑張りたいと思います!

セミナーのお申し込みはこちら

| ニュース&ブログ一覧へもどる |