どうやって技術と知識があるWeb制作業者を見抜くのか?

Web(ホームページ)やインターネットのことって、あまり分からない!
どんなホームページ制作業者に頼めば良いのかわからない!
変なWeb業者にあたったらと、不安…

 

アナリティクスインターネットの世界は、コンピュータの中で展開しているので、わかりにくいですよね。

しかも、専門用語が多すぎる!

 

この業界にそろそろ23年の私もそう思うくらいです(笑)

 

そんな中、一般の方がどうやって技術と知識のある良いWebホームページ業者を選べば良いのでしょうか?

 

今まで1996年からのWeb業界を芝田が振り返りつつ、良い業者さんの見分け方をお伝えします。

 

 

あなたが、ホームページで得たいことは?

紳士あなたは、ホームページで何を得たいですか?

 

見込客からの問い合わせ?
商品・サービスの販売?
求人で良い人の応募が欲しい?

 

これはご自分でまとめておくことを強くお勧めします。

 

最初にくれぐれも認識しておいた方がよいのは、

一般的なWeb業者は、営業や採用の専門家ではないということ。

 

Web業者は、ホームページをつくる専門家。技術的にWebをつくる人です。

Webの専門家からのアドバイスを欲しいのであれば、最初から、ホームページで得たい内容を伝えてみて下さい。

 

それで、その実績や的を得た返答があれば、良い業者です。

 

※本格的に、ホームページが効果を得たい場合は、掲載内容のコンサルティングなど別途サービスになることがあります。

 

 

専門用語は、ぜんぶ質問してみよう!

サーバー、SEO、CV、コンバージョン、なんちゃらフローなどなど、一般のWeb業者は専門用語をよく使います。

 

こんな専門用語、正確には、わからないですよね?
とーぜんです。だって、違う業界ですから。

 

わからない単語は、堂々と、逐一質問してみて下さい。知らなくて、恥ずかしいことなんてありません!

優れたWeb業者は、わかりやすく説明できます。

 

IT業界は、意味も分からず専門用語を使っている人が多いです。専門用語を並べ立てて、スゴイ!と思わせる営業してるところもあるくらいです。

 

ですので、

一般にわかりやすく説明できなかった場合、大した業者ではありません。(きっぱり)

 

 

最後に。

 

やっぱり、Web業者と実際に会ってみて、なんか合わないなーと思ったら、やめておいたほうが良いです。

 

人間の直感というのは、なかなか鋭いもので、これを理性で抑えるのはよろしくないと思います。

 

ホームページを作り上げるまでの仕事は、けっこう大変なものです。だって、会社のインターネット支店を出すようなものですから!

 

どうせなら、気の合う、なんでも話し合えるWeb制作業者と付き合いたいですよね♪

| ニュース&ブログ一覧へもどる |