士業の方へ。ホームページ文章がキモ!集客を阻害するありがち事例

士業ホームページ集客悩みイメージ今や1人の士業事務所でも、ホームページを持つのは当たり前。
ホームページがないと、信頼されない世の中になってきてますし、他のお客様へも紹介されにくくもなってしまいます。

 

やはり、人数が少ない士業事務所こそ、ホームページからも集客したいものです!

 

しかし。
ホームページを作ったのは良いものの、事務所案内の役割を果たすだけで、集客につながっていないホームページが多いのが現状です。

 

それは、なぜなのか?
士業の皆さんの集客を阻害するありがち事例をお送りいたします。

 

 

デザインは綺麗。だけど。。。集客は文章で決まる!

ホームページを作るときに、デザイン品質が事務所の品質!とばかり、デザイン的に素敵なものを追求。。。でも、集客につながらない。

 

「連絡しようかな?」と思わせるには、デザインよりも文章がキモ!

 

あなたがネットショップをするとき、最初はやっぱりデザインや商品写真が気になりますよね?

でも、買う段階になったらどうでしょう?

その商品がどんなものか?自分が求めているものか?文章を読んでチェックしませんか?

 

文章からの情報で納得してから、「買い物かごに入れる」ボタンをポチッとクリック…というのが購買の自然な流れなのです。

 

それと、士業ホームページも同じです。
お客様は最終的にはデザインでなく、文章を読んで、連絡するかしないか決定しているのです。

 

集客できないのは、正直なところ、、、
「あなたの文章」が最大の原因だったりします。

 

 

プロフィールありがちな間違い

相手と握手士業さんのプロフィールでありがちなのは、学歴、合格年、職歴のみ。というもの。

 

もちろん、そんな基本情報は必要です。

でもそれだけでは、税理士さん・弁護士さんなど数ある士業事務所から1つを選んで、あなたにお仕事を依頼するには、情報不足。

 

ホームページを調べているお客様は、あなた自身がどんな人なのか?を知って、自分に合う人かどうかを判断したいのです。仕事に対応する技術を持っているのは当然と思っていますので、あとは自分と合う人かどうか、、、ということですね。

 

プロフィールには、以下の内容も盛り込みましょう!
・どうして今の仕事を目指したのか(エピソード)
・どんなお客様が合うのか
・お客様に何をしてあげたいのか
・ちょっとしたプライベート 等

 

★ちなみに、写真は必須です。
どんな顔をしている人かわからないのに、連絡はなかなか出来ません。顔が見える人には連絡しやすいですよね?

 

 

文章が専門用語ばかりで、難しい。。。

パソコン意味不明士業のみなさん、資格試験を通っているだけあって、勉強が得意です。

難しい専門用語をよくご存知です。文章も堅い方が多いです。

 

でも、、、お客様は一般の方です。

くれぐれも、平易な文体でお願いいたします!

 

専門用語は必要なときは使っても構いません。

専門用語には、やさしい一般の人がわかる言葉で説明を入れていただくといいでしょう。

「この先生、難しいことでも、やさしく説明してくれる!」と好印象も狙えます。

 

 

業務紹介は、説明にしない!

わからないシマウマ「記帳代行とは」「相続とは」「建築の瑕疵について」など、いきなり説明文になってしまう士業さん。
ありがちです。。。

 

正確に100%伝えたいのはわかります。わかりますが、、、
実は、お客様は、あなたの説明が聞きたくて、ホームページを見ているのではありません。

 

お客様自身の問題を解決したいのです。

 

説明よりも先に、以下の内容を伝えましょう。
・お客様のどんな問題を解決してあげられるのか?
・お客様のメリット
・お客様には何をしてもらうことになるのか?

 

 

価格を全く書かない

価格のイメージ価格でお客様に選ばれることは避けたい、同業と比較されたくない、などの理由で、価格を全く書かれない士業の方がいらっしゃいます。

 

インターネットの世界では、すぐ価格を比較できます。それは避けても通れません。

 

しかし、お客様側に立ってみれば、商品価格が分からないのに、連絡するのはハードルが高すぎはしませんか?

「こんな場合は、この価格」という目安でも、「最低限の価格:顧問料○○円〜」とかでも、良いと思います。

 

価格に関しては、決して同業より「安い価格で」はお勧めいたしません!
あなたが欲しいお客様の価格帯を提示してください。

同業より高くても、構いません。

なぜその価格にしているか?その理由と、その価格に見合う価値を伝えればOKです。

 

 

まとめ:集客できるホームページにするには?

自分やサービスの説明より

『あなた自身と提供サービスの価値』を伝えることに、より多くの時間を割いて、文章を書いてください。

 

大事なことなので、もう1度!

お客様は、士業の皆さんより勉強はできません。難しい文章を読解する時間もありません。

ぜひ、見る相手のことを考えて『わかりやすい文章』を心がけてください。

 

でも自分自身のホームページでは、いったいどこに、どうやって手を加えれば良いのか?
自分のことはわからなくなりがち。

そんなときは、私たちの「Webサイト診断」をご利用ください。

問題のあるところを見つけて、どうやって直したら良いのか?次の具体的な行動へつなげられます!

 

芝田でした。

単に診断だけでなく、面談で自由にご相談いただけますので、頭の中の霧も晴れますよ。

| ニュース&ブログ一覧へもどる |