「ホームページのどこがクリックされたのか?」を知る方法

ハリネズミこんにちは! 芝田です。

 

最近、雨が続き、朝晩もぐっと寒くなってきましたね。

夏場はあんなに逃げたかった日光も、今ではありがたい限りです(笑)

 

さて、今回は「ホームページのどこがクリックされたのか?」を知る方法です。

 

これがわかると、今のホームページどんな見方がされているのかが分かって、いろいろ対策打てます。

 

「ここが何も押されてない」→「色を目立たせてみよう、大きさを変えてみよう」とか。

 

予想だけでなく、実際の数値を見て、対策を立ててみましょう〜!(数値だけを把握して、そのまま何もしないのはいけませんよ〜)

 

 

Google Analyticsでわかる

イベントトラッキングの設定を行えば「どのボタンがクリックされたのか?」がGoogle Analyticsで計測されていきます。

>> イベントトラッキングの設定方法はこちら

 

って、ふつうコレ、難しいのでは?(汗)

 

実際、専門の私たちもイチイチやるのは、かなり面倒です。。。

もちろん月に何十万もコンサル料をいただいくのであれば、喜んで設定させていただきますが(笑)

 

 

ヒートマップというのがある!

どこをクリックされたのか設定するのは面倒すぎ!

では、ページのどこまで見られているのか?は、簡単にわかるのか?

 

わかります。

ヒートマップというサービスを提供しているサイトに登録して、自分のWebページにタグを1つ埋め込めば、計測可能!

 

ついでに、ページのどこがクリックされているかもわかる!けっこう便利です〜。

 

https://www.ptengine.jp

https://mieru-ca.com/heatmap/

 

※1ページは、無料で計測できるようです。それ以上は、月額1万円程度から〜ですね。

 

 

ちなみに当社では?

上記もドメインに制限があったりするので、別のツールを使っています。

Webコンサルティング対応で使いますので。

 

ちなみに、こんな感じで、ヒートマップとクリックされたところがわかります。

 

ヒートマップ

 

…当社サイトも、いろいろ修正せねば(汗)

 

 

正直なところ、Webデザインは、家電のような使うモノのデザインだと思うのです。

綺麗なだけでは役に立たなくて、使うものなので、「いかに使いやすくするか?」「お客様を思ったところへ誘導するか?」が勝負です。

 

デザインが綺麗なだけで、売上が悪いサイトもかなり多いこの世の中。

 

Google Analiticsなどアクセス集計だけでなく、ヒートマップなどのツールも使って「閲覧者がどう感じて行動しているか?」 自分の目と頭とをフル回転して、お客様の「心の動き」を考えることが、必要ですね。

 

継続して、コツコツと。

これがWeb集客の合い言葉ではあります。

 

| ニュース&ブログ一覧へもどる |