フェイスブックには何をどうやって書く?小さな会社編

 

みなさん、フェイスブックは使っていますか?

フェイスブックって友達同士のやりとりのほうが多い印象ですよね!

 

今日はビジネスで使用する場合のネタ探しについて、またどんなふうに書けばいいかについて書いていきたいと思います。

 

1.まず使っている人の立場になってみる

正直ビジネスっぽい内容はあまり見られない傾向にあります。書く前に、まずご自身がフェイスブックを見ているときの事を想像することが大切だと思います!

 

会社の投稿の場合、どんな内容だと見ようと思いますか?

私の場合はやっぱり、バリバリ営業のような内容だとまず見ないです。しかし、ダイエットとか興味のある事だったら詳しく見るかもしれません。笑。

 

内容はそれぞれだと思いますが「自分だったらこう書いてあれば見る」とか、押してもらいたい人の立場に立って想像してみると、いろいろアイディアが膨らんできます。

 

2.興味を引きそうなネタを、親しみのある言葉で!

いろいろなアイディアの中で「これだ!」というものを選んだら、いよいよ文章作成。

 

普段フェイスブックを見ている人は、通勤中や自宅など、わりとリラックスしているときが多いです。そして何気なくタイムラインを見ながら、最初の数行で興味があるかないかを無意識に判断しています。

 

なるべく分かりやすく、やわらかい言葉で書くのがオススメです!

 

 

3.決め手は何と言っても…画像!!

文章ができたら、最後はやっぱり画像が決めてだと思います!

普通に商品や広告っぽい画像を載せていたら、見ようと思う人は少ないです。
「なんか面白そう!」とか「かわいい!」とか、ぱっと見で興味を引く画像がオススメです。

 

そしてタイムラインの大きさは限られていますので、被写体を大きく目立つようにすると効果ありです!編集が可能であれば、画像の中にちょっとした一言を入れるのもいいと思います。

 

最後に

最近は仕事で、フェイスブック広告を作成する機会がありました!
どのくらい押されたかというのも分かるのですが、やはりビジネスっぽくないほうが押されやすいです。
どちらかというと安心感や親しみやすさがあったり、クスッと笑ってしまうようなものに反応がありました。

 

 

読んでいただきありがとうございました!

フェイスブックで投稿されるときの参考になれば嬉しいです。

 

にのみやでした。

セミナーのお知らせ

セミナーに参加されたお客様の声をご紹介!

ホームページから集客できていないことが悩みで、「ホームページが9割」の書籍を読みました。
ホームページを見直したい気持ちで参加してみて、ホームページでの集客の要点が分かりました。頑張りたいと思います!

セミナーのお申し込みはこちら

| ニュース&ブログ一覧へもどる |