ホームページ表示速度が検索順位に影響する!どうすれば?

こんにちは。芝田です。

 

2018年、今年は来る来る!と思っていたら、やはりありました!

 

1/18のGoogleの発表。

「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」
>>Googleの公式発表はこちら

 

要するに、
「ホームページの表示が遅かったら、モバイルでの検索順位を下げますよ」
という内容です。

 

「ええっ!ウチの会社のホームページヤバいんじゃない?」と、思ってしまうかもしれません。

でもよく読むと、閲覧者がすごくストレスになるくらい遅い表示のホームページだけのようです。

 

というわけで、慌てない!

「御社のホームページ表示、遅いですね。検索順位落ちますよ!」と、不安を煽って営業する業者には乗らないよーに!

そんな業者は、さもウチの会社がSEO対策やれば順位は保たれる、コレさえやれば大丈夫!など、なんか秘密の?良い方法があると匂わせますがー

 

そんな方法ありません。(きっぱり)

 

なぜなら、ホームページの表示速度を上げるのには、複数の要素がありますから。

 

要するに、
ダサくて仕事が出来ない営業マンのスーツだけ変えても、仕事が出来るようにはならない、というわけです。

メンタルも髪型も変えなきゃ(^^)

 

 

では実際、ページ表示速度を上げるには?

まず、ホームページのどこが問題なのかをしっかり把握すること。

 

これって正直、専門家でないと、判断は出来ませんが、こちらでヒントは得られます。

PageSpeed Insights(ページスピード インサイト)

 

自社サイトで試してみると…結果にビビる人も多いかと思います。

けっこう、厳しめな評価をGoogleは出してきます(^_^;)

 

…うちもなんとかせねば。お客さんのばっかりやってたりして(笑)

 

そこはめげずに、下に改善箇所が表示されますので、それ見て下さい。

 

ええ、たぶん一般の方には、何が何だかわからないかと。

実際、ページ表示速度を改善するには、Web制作の技術が必要です。…SEO業者にできるのかいな?(ー ー;)

 

ホームページの表示速度は、複数の要素が関わってますと書きましたが、主な改善要素は以下です。

・Webサーバーの回線速度
・Web画像のデータ量
・コーディングのやり方
・そもそものデザイン
・仕込んでるプログラム
・CMSのプラグインなど

 

ひとつやれば、すぐページ表示速度が速くなるかというと、そうでもないです。

ホームページの表示速度は、それぞれが複雑に絡んで影響するのです。

 

だから、次回のホームページリニューアルのときに、ページ表示速度を意識して作るのがおススメ!

※ご注意!派手で綺麗なデザインは、やはりページ表示速度は遅くなりますよ。

 

1つだけ、チェック!

サーバーただ、あまりに遅いサーバーをお使いの場合は、ホームページをお引越しすることをオススメします。

 

遅いサーバーは古いことが多く、セキュリティが微妙+料金も高いままのとこが多いからです。

 

私たちの経験上ですが、

電話会社とか、事務用品販売の大手会社とか、抱き合わせでレンタルサーバーを提供しているところは、サーバー環境は良くありません。大会社ほどサーバーはイマイチです。

 

いまはサーバーは安いですから、費用を少しかけて引越しても、1年2年で経費は安くなります。

 

メールサーバーも一緒に引越が面倒!ということがありますが、そこはひと時の面倒を乗り越えてください。

 

 

最後にまとめると、、、

安心慌てない!
次にホームページに手を入れるときは、表示速度改善を意識しましょう!

 

 

★ちょっと告知させてください。

3/20にWeb集客セミナーを開催します!そこでも最新ネット情報をお伝えしてます。
ご興味がおありでしたら、ぜひご参加ください!!
士業向けではありますが、実際、どんな業種でも役に立ちますよ。>>Web集客セミナー詳細はこちら

 

 

| ニュース&ブログ一覧へもどる |