Googleアナリティクスのデータを見て何をする?

初めまして、齋藤です。入社してから初めてブログを書かせて頂きます。

 

文章を書くことは苦手で、プログラム書いてる方が楽なのですが(笑 温かい目で見て頂けると嬉しいです。

 

早速ですが、今度私が講師を務める「Webマーケティングに役立つ! Googleアナリティクス活用方法セミナー」について告知も兼ねて簡単な紹介をしていこうと思います。

詳しく知りたい方や興味がある方はセミナーページから是非ともご参加ください!

 

アナリティクスの解析データを眺めているだけで終わっていませんか?

よくありがちなのが、『自分のホームページにどれくらいのユーザー数があってページビューが出ている』というのだけ確認して終わっているというパターンです。それだけではホームページの改善には全く役立ちませんし、現状の把握ができるだけですよね。

 

みなさんホームページを作る時には何か目的があって制作依頼をされていると思います。例えば、「お問い合わせを増やしたい」「まずは資料請求して欲しい」など様々だと思いますが、これらの目的に対する効果を検証する為にGoogleアナリティクスを活用します。

「お問い合わせが増えると思ったけれど実際はあまり増えていない」となれば「お問い合わせを増やすには何を、どこを、どう改善すれば良いのか」という視点で見ていくことが重要です!

 

お問い合わせが増えない原因は何?

原因は様々なパターンが考えられます。例えば、「そもそものアクセスが少ない」「お問い合わせページにたどり着いてない」「フォームの入力項目が多すぎてページを離れた」などがあります。 セミナーではデータからこういった原因の特定をする方法や考え方をお伝えできればと思っています。

 

あまり掘り下げると本番で喋ることが無くなってしまうので、、、続きが気になる方は参加してくださいね!

セミナーの詳細とお申し込みはこちらのページからご確認ください

| ニュース&ブログ一覧へもどる |