「.com」と「.jp」ってどっちがいいの?教えて!

こんにちは、石井です!
今日はメルマガではなく、こちらに登場です!

 

前回のスーパープログラマー池田からのバトンを受けて、石井が『ドメイン費』のお話をしてみます。

 

ドメインに良し悪しはあるの?・・・ありません!!

スタッフに「.com」と「.jp」ってどっちがいいのー?って聞いてみました。

結論から言うと、『どちらも変わらずどっちでもいい。』だそうです。

 

 

中身に違いがある訳ではなく、あくまでもイメージ=印象の問題。なんだかふんわりした話です。

 

ただ、イメージはどの企業も気になるところ。そこでシンプルなドメイン名の高額取引きなどが起こります。

 

例えば、今までで最高額のドメイン取引額は1300万ドル。(凄っ!)今から10年前に売買され、ギネス記録に登録されています。

 

 

「.com」はUSAが管理。「.jp」はJAPANが管理。

違いをあえて上げろと言われたら。

「.com」はアメリカ合衆国の会社が管理。「.jp」はここ日本の会社が管理。

その辺が違いといえば違いで、あと値段の高い低いもあります。

 

今、使用できるドメイン一覧はこちらです。

https://www.onamae.com/service/d-price/

 

人気のTDL,最後に位置する「.inc」は初回1年間の登録料は97,700円(2020年7月現在)ですが、

更新時の1年目にはなんと298,000円の請求が待っています(恐!) お金飛ぶ

プリズムゲートでは『.jp』をお勧めしています!

どれほど人気のドメイン名を取得しても、企業の業績や実態がしっかりしていなければ意味がないのかなとも感じます。

 

要するに住所と同じく、同じドメインは世界に2つとない。

プリズムゲートでは、日本を印象づける意味でも、お安い点でも「.jp」をお薦めしています。

 

因みに「.jp」の年間使用料は約3,000円。お安いです!

費用はできるだけ抑えたいですものね。

 

 

それでは次回、スーパーマルチデザイナーの齋藤にバトンチェンジいたしますね。
乞うご期待!!

 

| ニュース&ブログ一覧へもどる |