ホームページのセキュリティで問題になるところはなんですか?

今回のブログ当番は事務の石井。
SSL化という言葉を、私なりにお話してみますね!

SSL化

2018年7月リリースのGoogle ChromeからWebサイトのアドレスバーに「保護されていません」という表示になることがきっかけで、SSL化が広がったそうです。
なるほど、やはりGoogle先生だったのか。

因みに、Secure Sockets Layerを略して「 SSL」

「SSL」とはインターネット上の通信を暗号化する技術です。

SSL対応されているWebサイトは、URLが「https://」からはじまるのに対し、
非SSL対応のWebサイトのURLは「http://」となります。

画像のアドレスバーに鍵マークがついていますね!

これ、どんなメリットがあるんでしょう?

ざっくり言うと、インターネット上で送受信される氏名や住所、電話番号やクレジットカードなどの個人情報は悪意のある第三者から狙われ、改ざんや悪用される可能性があります。
そこで、インターネット上で狙われやすい情報を暗号化し、第三者からの悪用を防ぐ役割を持っているんだそうです。

セキュリティの強化

セキュリティの強化により、以下のメリットが生まれます。

Webサイトのなりすまし防止

個人情報を盗むフィッシング詐欺などに有効

・Cookieの盗聴を防ぐ

(Cookieとは、あなたが見ているWebサイトからあなたのスマホやPC内のブラウザに保存される情報のこと。サイトを訪れた日時や、訪問回数など、さまざまな内容が記録されます。Cookieは便利で快適だけど、セキュリティ上怖い面もあるの!)

・ユーザーから信頼される!

安心してWebサイトを利用できるという点で、ユーザーからの信頼度もアップ!

・アクセス解析への有効活用

あなたのWebサイトが非SSLだったとして。
ユーザーがGoogle検索からあなたのWebサイトに訪問した時、Google検索自体が常時SSL化されているため、リファラ情報(流入元がわかるデータ)が送られません。
そのため、どこから流入してきたユーザーなのか明確でなくなるのです。

逆に、あなたのWebサイトが常時SSL化されていれば、リファラ情報は送られるので、「Google検索から流入してきたユーザー」だというのがわかります。

要するに、一番のメリットはお客さまから「信頼」されることだと思います。

プリズムゲートでは、お持ちのサイトへの「SSL化」も対応しておりますので、
お気軽にお声がけくださいね!

安全に、安心に、Webサイトをお使いいただける環境。

事務の石井も納得の『SSL化』のお話でした!

| ニュース&ブログ一覧へもどる |