世界一やさしい解説!ホームページって、どんなもの?

こんにちは。芝田です。

 

先の投稿「SNS こんな投稿は、百害あって一利なし!」が、ご好評でしたので、気を良くしておりまして(笑)

次は、ホームページの世界一やさしい(と自分では思っている)解説をいってみたいと思います。

 

ご自分のホームページ(正しくは、Webサイト)を持つ時、ドメインとサーバーも必要になります。

 

「なんでホームページを公開するのに、ドメインとかサーバーとかランニングコストがかかるの?!」

と、おっしゃる方もいます。

 

そんな時、以下は、ホームページ(Webサイト)の概念をお客様へ説明するときよく使う例え話です。

このお話をすると、パソコンが苦手な方、インターネットに使い慣れていない方でも、「納得した!!」と、うなづいていただけるので、こちらへ公開したいと思います!

 

 

 

ホームページ、ドメイン、サーバー(メール)の関係

ホームページ概念

ホームページ、ドメイン、サーバー(メール)は、上記イラストのような感じ。

 

 

ホームページは、お店。

HPはお店ホームページは、例えると「お店」のようなものです。

 

お店がボロい汚かったりすると、お客様は入ってくれません。

商品(掲載内容)がないと、お客様も買ってくれないです。

そして、お掃除(メンテナンス)したり、棚の商品を入れ替えたりしないと、売上も上がりません。

 

実際のお店と同じように、放置したままでは、お客様が誰も入らない悲しいお店になってしまうのです。

 

また店の造り(デザイン)が良くても、お客様に合わないと、やっぱり入ってくれませんし、

商品(掲載内容)が良ければ、造りが多少ボロくても人気店になる場合もありますよね。

 

実は、ホームページも同じだったりします。。。だから、デザインを直すより、まず内容!

(もちろん、デザイン品質が高いと、高価格商品が売りやすいという効果もあります)

 

↑Web制作会社が言う事か?!という気もしますが(汗)事実だから仕方ないです。

ですので、当社では掲載内容のコンサルティングも行っております。リニューアル費用はなくても、掲載内容を変えるだけで、理想のお客様からお問い合わせが入るようになって大繁盛!というお客様もいらっしゃいます。

 

 

ドメインは、看板。

ドメインは看板ホームページにアクセスするときに使う文字列、prismgate.jpなどですが、これはドメインと言います。

ドメインは、お店の看板(屋号)

 

※「ドメインは住所」とおっしゃる方もいますが、お店の看板(屋号)だという認識の方が、より正しいと思います。なぜなら、住所は移動できないですが、ドメイン(看板)は移動できるからです。

ちなみに住所は、IPアドレスです。(3ケタの4組の数字)

 

お店つくるなら、看板は必要ですよね!

だって、住所だけじゃ、お店の名前が認識できませんから〜。

 

でも、インターネット上でお店(ホームページ)を出す場合、看板料(ドメイン料)は、必要です。

※年間1,000円〜6,000円。ドメインの種類や管理会社によって価格は変わります。

 

ちょっと実社会と違うのは、同じ名前の看板はできない、ということです。

 

 

サーバーは、土地。 ※メールも付いてきます。

 

サーバーは土地お店(ホームページ)、看板(ドメイン)と揃いましたら、さてお店はどこに置きましょうか?

やっぱりお店を置く土地が必要ですね!

 

そうです。サーバーは、土地です。

実は土地には、もれなく郵便ポスト(メール)がついてきます。

 

土地は基本、借地です。

集合施設型(共有サーバー)もあれば、大きな単独店舗を出せるような広い土地(専有サーバー)もあります。

 

でも、集合住宅型の土地も、広い土地も、見かけはまったく変わりません。

 

価格はもちろん、集合施設型(共有サーバー)の方が安いです。

※年間3,000円程度からあります。

 

 

このような説明で、ホームページ、ドメイン、サーバーの概念がわかった気になりませんか?

 

インターネットのこと、ホームページのこと、、、まあ普段何気なく見てはいますが、

画面の中での展開で、仕組みまで捉えにくいですよね。

 

それを皆様に分かりやすく説明するのも、私たちの役目だと思ってます。

なんといっても「心あるIT会社 No.1」を目指してますから!

| ニュース&ブログ一覧へもどる |