プロフィールで仕事を取る!

芝田

皆さん、こんにちは。芝田です。

 

実は先月、お盆期間に少し時間が取れたので、きちんと自分のプロフィールを作ってみました。

仕事を取る気合いで(笑)

そうしたら、「プロフィールを読んで決めた」と、お仕事をいただきました。(ありがたいことです。)

 

改めてホームページのプロフィールの大切さを実感いたしました。

 

というわけで、今回は「仕事につながるプロフィール」について、私の考えをまとめてみます。

 

プロフィールはどのくらい見られているか?

ホームページは、トップページ一番見られますが、次はどこが閲覧されていると思いますか?

ホームページを考えて作っている時には、サービス内容がよく見られるだろうと、必死に考えがちですが、

実は、会社案内・事務所案内なのです。

 

いろいろな会社のアクセス集計を見ていると、

モノを作る工務店や製造業の場合は、施工例など今までの実績が見られていますが、

形のないサービスの場合、トップページの次に見られるのが、会社案内や事務所案内です。

 

会社案内へいくと、代表と始めスタッフのプロフィールは必ず読まれます

 

真剣に仕事を依頼しようと考えている方ほど、きちんと期待する仕事をしてくれるかどうか、どんな人がやってくれるのか、チェックする傾向があります。

 

そして、連絡しようかやめようかの決定事項になります。

 

 

どんなプロフィールが良いのか?

プロフィールというと、○年○○大学卒業、○年○○資格取得、、、など、学歴・職歴を一覧だけという方がいますが、それだけでは不十分!

 

正直、人を動かすのは、学歴や資格じゃない。そんなのは、ネタの1つに過ぎません。

 

ちなみに、「この社長の会社だったら安心できる!」と言われるプロフィールはこちらです。
>> アイモアスペースとは

 

生い立ちから、どのような経緯でその事業を始めたのか、具体的エピソードを交えた人間ドラマが展開されております。これを読んだら、この人だったら!という思いが湧きますよね。

 

ですが反面。

自分は「こんな波瀾万丈な人生じゃないから」という気持ちになってきてしまいます。

 

私も、そうです(笑)

 

でも、自分で思い出しつつ、改めてまとめてみると、どんな人でもその時その時に悩んだり、失敗したり、いろいろな出来事を乗り越えながら、今を生きているのです。

 

この人間的なあなたが、人を惹き付けるのです。

 

 

プロフィールの内容が一番大切

さて、ではどんな内容を入れるといいのか? 基本的な部分をまとめてみました。

 

  • 生い立ち(基本的な性格を伝える)
  • どのような経緯でこの仕事についたのか?
  • 仕事についてからの失敗、契機など
  • 今の仕事をどう考えているのか?どんな気持ちで対応しているか?

 

 

提供する商品・サービスによって力を入れるポイントは変わってきますが、上記を文章にしてみると、どんな人でも訴えられるプロフィールになると思います!

 

最後に、プロフィールは文章で書いてください。

見出しを入れると、読みやすくなります。

 

文章の上手い下手は、自分が考えているほど、人は気にしていません。

ですので、まずは、照れくさい気持ちを吹っ飛ばして、プロフィールを1ページ書いてみてください。

 

おすすめです!!

 

 

| ニュース&ブログ一覧へもどる |